がんばんぴー

ブログ、したことないんです。でも、この頃素敵なブログに出会って「私も書きたい」と思ってしまいました。続けることが苦手な私ですので、まずは続けること、を目標にします。

いよいよ卒業式

今日は次女の、高校の卒業式。
来月は、もう社会人になる。


次女は生まれつきの病気のために、2回開腹手術をしていて、
「悪性の腫瘍の可能性が90パーセント」と2歳で医者に言われたとき、
私と夫は、覚悟を決めた。
(本当に幸いに、検査結果は良性の腫瘍だったんだけど)
私と夫の中では、次女は2歳で一度死んでいる。


あの時、子供が2歳で死んでしまう、と本気で覚悟を決めたため、
その後の私の子育ての根っこは、いたってシンプルになった。
「死なないこと」「人に迷惑をかけないこと」のみ。
とくに次女は、生きているだけで奇跡。次女の2歳以降は、おまけの人生だ。
それほど勉強が好きとは思えないけれど、大学で農業を勉強したいと言った長女、
子供三人の中では頭が良い(笑)息子、
この二人には「勉強しろ」と、夫は言う。成績表も見せろ~って言う。
だけど、次女には私も夫も言ったこと、ないんだよね。
なぜなら、次女は生きているだけでいい、と思ってしまっているから。
だから、長女も息子も『次女には親が甘い』と思っているかもしれない。
子供が2歳で死んでしまう、あの覚悟は、私にも夫にもトラウマになっているんだ。


でもね。
次女が入院しているあいだ、家族みんなでさみしかった。
各自それぞれ部屋あったけれど、あの時期みんなで一部屋に寝てたよね、そういえば。
今は、起きたとき「おはよう」って言って、ごはんを一緒に食べて、
学校に行くときに「いってらっしゃい」って言って、「おかえり」と言って、
「おやすみ」と言える。
それって普通じゃないよ、すごく幸せなことなんだよ、って思う。


次女は18歳にもなれて、選挙権もあってさ、もうすぐ自動車の運転免許さえ持てる。
来月には、もう社会に出て働く。
多くはないけれど、お給料ももらって、自分でやっていく(はず)。
ああ、次女、大人になるね。
子育て、終わっていくね。


私は、子供の保育園の卒園式も、小中学校の卒業式も泣けなかった。なぜだろう。
たいてい本部の役員をしているからかな。
まだ息子が通っている、まだ続くという気持ちがどこかにあるからかな。
今日の高校の卒業式は、どうかな?
卒業式の後に本部役員会議もあるしな・・・。


今日までに少し痩せるぞという目的も果たせなかったけれど、
主役は私じゃないから、いいの~。


行ってきますっ!