がんばんぴー

ブログ、したことないんです。でも、この頃素敵なブログに出会って「私も書きたい」と思ってしまいました。続けることが苦手な私ですので、まずは続けること、を目標にします。

次女の買い物

次女が、友達を遊んだついでに、
ブラウスとパンプスを買ってきた。


ブラウスは・・・私のフォーマルのブラウスにそっくり!!
次女は、普段からそういうのを着たいんだって。


パンプスは、次女の大きな足のために靴選びが大変なんだけど、
あろうことか、ちょうどいいのがあったんだって。
しかも?
4900円が、1080円だって。


次女の靴を買うには、本当に時間も労力も必要なのにね。
次女も「奇跡だわ」って言ってたぐらい。
見つかるときは見つかるんだね。


中学生のときは「白いスニーカー」のみ許可だったので、
本当に大変だった。
結局、レディスになくて、ユニセックスのものを買った。


高校生の靴は、縛りがないので「とにかく入るもの」。
夫は革靴を買ってあげろ、というのだが、入るものがなくて、
合皮のローファーが入ったので、2足買い。


今日は、朝からバイトの次女。
帰りに駅ビルで、服を買って帰りたいんだってさ。
「バイト代が5000円あるから、それで買ってくる」と言うのだけれど、
もし欲しい服があって、お金足りなくて買えなかったらカナシイと
思うので、1万円を渡した。
もちろん、私の財布はあと千円札しかないけどさ、買い物行かないもんね、
今日は。


次女は社会人になるにあたって、
いままでの自分の服を一層とは言わないけれど、
相当入れ替えをしたいらしい。
入れ替えなら、よしとしてあげようか。
若い子は、服、欲しいだろうしね。
もちろん、お金はそんなにない。私には。
次女もなんとなく、うちが今大変なのを知っている。
だから私からのお金、お小遣いをなかなか受け取らない。
でもさ、財布にお金があるときは、渡せるときは、
次女に渡して「好きなものがあったら買っておいで」って
言ってやりたい。
その1万円を、長女の学費に足さないといけないのかもしれないけれど。


余ったら返すよ、という次女。
たしかに次女は必ず返す。
それに比べて、夫と長女は・・・。


今日は目が痒い。
今更だけど、べにふうき茶を飲まなきゃかな。
でもそれには買いに行かないとだな。
とりあえず目薬で頑張るっ。